絵画修復

TOP >  専攻一覧 >  絵画修復

絵画修復は絵画の種類、キャンバスや絵具、材料、絵画手法、温度、湿度、置かれた状況などによって傷み具合が異なるため修復方法も一様ではありません。作者の筆致や色使い、癖などを知ることも大きな要素です。何にもまして求められる鑑識眼の養成については、まず芸術絵画全般の歴史的・文化的な価値に対する敬意や理解を深めることからスタートします。その上で修復に関わる素材を識別する科学(化学)的・技術的方法、劣化の特性や形態、メカニズム、過去の修復に関する文書に記された手順やテクニックの研究など順を追って学んでいきます。

実際に修復作業に使うのは15世紀に描かれた、本物の絵画などです。一番初めは、絵はがきの修復や模写の練習をして、それから実際の絵画の修復に入っていきます。フィレンツェ古典様式にも通じた修復技術と最新テクノロジーを取り入れた専門的な指導は、イタリア有数の高度な内容として評価を得ています。




2週間コーススケジュール例

週間 曜日 午前 午後
第1週 フィレンツェ到着
オリエンテーション、市内案内、ランチ レッスン
レッスン 実習(専攻による)
レッスン レッスン
レッスン 実習(専攻による)
アートビジット 自由時間
カルチャーエクスカーション(2週間に1度)
第2週 自由時間
レッスン レッスン
レッスン 実習(専攻による)
レッスン レッスン
レッスン 実習(専攻による)
アートビジット、実習 自由時間
チェックアウト、帰国

料金(宿泊・1日1回の飲食・毎週のビジット込み)・スケジュール

2週間 4週間 6週間 8週間 12週間
料金(授業料+宿泊費 他 込み)
¥325,000 ¥575,000 ¥800,000 ¥1,025,000 ¥1,375,000
レッスン数
教授による授業: 21 lessons/週  実習(教授不在): 21 lessons/週
取得単位
3 6 9 12 18
チェックイン(日曜日) - チェックアウト(土曜日)
[ 2021年 ]
5/2 – 5/15
5/16 – 5/29
5/30 – 6/12
6/13 – 6/26
6/27 – 7/10
7/11 – 7/24
7/25 – 8/7
8/22 – 9/4(*)
9/5 – 9/18
9/19 – 10/2
[ 2021年 ]
5/2 – 5/29
5/16 – 6/13
5/30 – 6/26
6/13 – 7/10
6/27 – 7/24
7/11 – 8/7
7/25 – 9/4(*)
8/22 – 9/18(*)
9/5 – 10/2
[ 2021年 ]
5/2 – 6/12
5/16 – 6/26
5/30 – 7/10
6/13 – 7/24
6/27 – 8/7
7/25 – 9/18(*)
[ 2021年 ]
5/2 – 6/26
5/16 – 7/10
5/30 – 7/24
6/13 – 8/7
6/27 – 9/4(*)
7/25 – 10/2(*)
[ 2021年 ]
5/2 – 7/24
5/16 – 8/7
5/30– 9/4(*)
6/13 – 9/18(*)
6/27 – 10/2(*)
(*印)出発のコースの専攻は、絵画、ジュエリーメイキング、美術史、エンジョイイタリー、イタリア語、英語、家庭料理、家庭料理・ドルチェ、ジェラート、バリスタのみです。
※夏休みのため、2021年8月7日 - 22日の間、校舎は閉まります。

含まれるもの

登録料、
授業料、
アートレッスン中の日本語通訳、
設備費、
ウェルカムランチ1回、
ウェルカムキット(フィレンツェ地図、バスチケット、筆記用具、クリアファイル)、
アートビジット(毎週金曜日)、
カルチャービジット 1回/2週間 (ピザレッスン、世界遺産の町やワイナリー訪問等)、
宿泊費(1寝室にベッドが2台または3台の2人〜3人部屋) 、
水道光熱費、
1日1回分の飲食バウチャー(1週間につき:食事バウチャー2枚、ドリンクバウチャー4枚[コーヒーまたはカプチーノまたは紅茶またはミネラルウォーター(小)])、
オリエンテーション

  • 教授による授業: 21レッスン/週
  • 実習(教授不在): 21 レッスン/週
  • 1レッスン=45分

  • 含まれないもの

    往復航空運賃、表記以外の交通費、旅行保険料金(任意)、レッスンの道具及び材料費、個人的なお小遣い、お土産などの費用、表記以外の飲食費用、インターネット通信費

    サマーコースお問い合わせ サマーコースのお申し込み